徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

記憶の回廊

最近、よく少し昔の事を思い出します。

そこそこに大切な記憶なのですが、思い出して忘れていることに気付き少し切なくなりますね。

基本的に、大切だと思う人や生きていて欲しいなと思う人は、地球上のどこかで生きていさえすれば会えなくてもいいといった感じの人なのですが、偶に手紙なりメールなりを出したくなります。

ニーチェの遠人論などではなくて、地球は繋がっているという方が少し近いかもしれません。

同じ星降りの天が下を歩いているという認識が強いのかもしれないですが。

ただ、時間を戻したいと思うことは結構あります。

生きていたら、そういったことが増えていくのは当然であり、前を向いてそれを生かしていかないとなぁとは思うのですが、偶には立ち止まって夜空を見上げながら物思いに耽るのも一興でしょう。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<闇夜に佇む鴉 | HOME | 大海との契り>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。