徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

郷愁の月

きょうは久しぶりに懐かしいものに出会いました。

何かとは申しませんが、実に三年か四年ぶりにそれを見ました。

それがあった時代は、私に中では一時代だったので、その象徴のようなものだったのですが、それ故に時間の流れを身にしみて思いました。

何というか老兵は去り、ただ思い出の中でのみ語られるといったところなのでしょうか。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<平凡な日々 | HOME | 鈴虫の午後>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。