徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

鈴虫の午後

中学生の頃から、一応小説というものを書いてきてはいるのですが、いままでもらった感想を集約すると、幻想的や淡々としているに終始しています。

一応意図している部分に合致してはいるのですが、様々な方から同じような意見を聞かされると、逆にそれだけでは駄目な気がしてくるのは何故でしょうか。

自分でもよく分かりません。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<郷愁の月 | HOME | 学びの水晶体>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。