徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

冷たき雨のささやき

今日は、午前中に出かけようと思ったのですが、寝過ごしというよりも二度寝で午後から出かけました。雨の日は心地いい眠りを約束してくれるので睡魔の誘惑を振り切るのが至難です。

母校の中学校前で友人と待ち合わせ、1時間も遅れてしまいましたが、生涯学習センターという場所で新聞など読んで暇つぶしをしていてくれたそう。

平謝りし、その後、雨宿りに区立の女性センターに退避。ご老人が多くおられた印象です。10年ぶりくらいに女性センターを訪れました。しばらく話して、それから錦糸町に。

テルミナ、アルカキットなどを梯子し、眼鏡のスペア・書物などを購入し帰宅。

本日購入の書籍は浅田次郎著「鉄道員」とクリスファー・ナイト アラン・バトラー共著「月は誰が創ったか?」です。

学生の身空にハードカバーの出費は痛いです。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<濁り空の寒き日 | HOME | 新編「ロミオとジュリエット」の考察>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。