徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新編「ロミオとジュリエット」の考察

最終幕ですね、ロミジュリ。

原作同様に悲哀になったようなならなかったようなといった感じなのですが、んん。

オフィーリアさんは中間管理職の儚さでしょうか、人間か世界かどちらを選ぶのかについての話は分かるのですが、ロミオ君、何故にオフィーリアを滅ぼしていってしまったんだい?

後に残されたジュリエット、それにかつての指導者の血族として、又ジュリエットの伴侶として民を導いていく責任は?

ジュリエットは、状況からして、身を捧げての皆への手向け的な話は分かるのですが、心情的にはオフィーリアは滅びなくても、滅んでも余り変わらなかったんじゃないかと。

抗って抗って、それで駄目だったから、こうするしかっていってやる事は振り出しにもどっているんですよね。

意味があったとすれば、藤竜版「封神演技」のように歴史的な道しるべから外れられた事でしょうか。後、より悲哀になった。

んー、すっきりしない終わり方でした。辻褄合わせというかお仕着せ的な感じがするのですが……。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<冷たき雨のささやき | HOME | 安らかな日々の終わり>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

緑柱石緑柱石(りょくちゅうせき、beryl、ベリル)は、ベリリウムを含む六角柱状の鉱物。金属元素のベリリウムの名前は、この中から発見されたことに由来する。透明で美しいものはカットされて宝石になる。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wik …
2007-09-29 Sat 19:21 パワーストーンと鉱物
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。