徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新緑の幻想詩

今日はパートタイムジョブでした。

書くネタが無いといってはいけない気がするんですがありません。


今、変換ミスで卵と出たので。
思い出したことを一つ。

「黄身と白身どちらが好き?」

「ええと白身、かな」

「僕は君が好き」

すいません。中学時代の先代生徒会長の口癖です。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夜空への久しき風 | HOME | 常世の回想>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。