徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

曇天の中の浅き夜

ここ数日、とても眠く、八時前には床に入っていました。

今日は、試験監督のようなもので夕方までを過ごし、その日給で十数冊ばかり本を買いました。

主な本は以下
「博士の愛した数式」「蘭学事始」「ガリア戦記」「金閣寺」「巨頭会談」「ジブラルタルの女王」etc

二日間じっくり眠ったお陰で今日は夏の短い夜にこれらの本でも読もうかと思います。



今日、あるイベントの最終日だったのですよね。日程の構築をミスしてしまって何人かの方に迷惑をお掛けしてしまいましたのでこの場を借りてお詫びしておきます。

別件で花火にも誘われましたが、そちらもいろいろあって直前になって辞退するというご迷惑を。

以後、精進します。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<枕の下 | HOME | 夏色の響き音>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。