徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

幼少の砌

童話の物語の捉え方が大人と子供で違うっていうのは偶に聞く話ですが、やっぱりNHK教育などの子供向けのアニメーションというのもなかなか深いと思うこの頃です。

「電脳コイル」というのを何とはなしに見たのですが、大人も子供も生き生きしていました。

AだからBみたいなことはあまり言いたくないのですが、ああいう生き生きとして生活している自由人的な大人や色々な大人がいて、それを見ている子供がいる、それで大人の背中とか仕草とかを見て、真似してみたりとかしていける。辛い事や悲しいこともあるけれど、それを前向きな力にしていける話なので、安心して見ていられる作品です。

安心して見ていられるという事がよいことか悪いことかは人それぞれかもしれませんが。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<漣の水辺 | HOME | 冷菓と傘>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。