徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

豪雷の日

何というか、自民党退廃で大敗ですね。

三時ごろでしょうか、遠雷から、次第に轟きを増して雷があちこちで鳴り響いていました。

古代中国だと、こういう天候の変化は皇帝の失政が原因であると考えられていたそうです。

そして、政治体制に変革が起こると。

なかなか象徴的かもしれません、現状に。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<雷鳴の詩歌 | HOME | 花火と江戸>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。