徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

金曜日は、マックで人生と、哲学と、情報と社会について語りあっていました。

生徒会。自分の求めるもの、求めた筈の理想との乖離、社会、孤立化する群集。
深く理解するということばが既に、浅い。ギリシアの哲学。
人間の面白さ。

人間は動物なのか人間なのか。人間は動物であったほうが幸せだったのかもしれない。けれど、人間は人間として幸せだとも思う。

ついでに、大学の有力サークルの幹部とも知り合いに。

最近、しがらみを断ち切ろうとする意欲が体の調子を崩しているのと相互して落ちてきました。
も少し。

がんばるという言葉はあまり好きではないので。
あるがままに。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<花袋の蒲団を布団の中で | HOME | クチナシの白さに、目がくらんだ影の後>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。