徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アウフヘーベンの鏡

レポートが週に平均3通くらいでるのは体力的によろしくありません、先生。

そろそろ栄養ドリンクと休息が必要だよ、ワトソンくん。

いろいろです。レポート書いて、いろいろ構想ねって、考えて、授業受けて。

二つくらい構想浮かびました

・家の屋上はコンクリだけど、sれに土を敷いて、菜園にしよう計画。

これは二年くらい前にも思いました。定期的に浮上するようです。


・夢見石の庭で 2 計画

まだファーストも出来ていないのに。
とりあえず、守人がテーマでしょう、「初代九条家の守人たちの話」「明治維新の頃の守人の話」「第二次大戦中の守人の話」「100年後くらいの守人の話」

果たしてファンタジーとSFは共存できるのか?
というよりも、そういえば、大戦なり戦争也、聞かされますと、いの一番に思うのは第二次大戦ですよね、他のは知っているのに連想されない。あまり。


今日の夢は、サイバティックでありなgら町中不思議な光で満ちているFF的な都市でカード買ってました。何故か、トレカを。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<プロジェクト志向 | HOME | ミニ「キャリア教育と地域発展プログラム」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。