徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

地図と雨の水道橋

今日明日は、ある特定の野球観戦に行って、応援歌を歌ったりする人が周りには多数いる。生憎の雨だけれども。

午前中に大学で授業を受けて、そのあと文芸サークルの方に、顔を出して、ゲーム製作Projectのオフ会へ水道橋に。

サークルで眼鏡美人かもしれない人に行き方を教えてもらった。

水道橋はそれまで、神保町から坂を駆け上がってお茶の水まで出て、それから一駅だと思っていたけれど、三田線あり、中央線ありといろいろあるらしい事が判明。

眼鏡である種の高性能っぽい雰囲気を持っている人は事務がすごく上手い気がする。

お礼をいい、飯田橋経由で水道橋へ。

約束は13:30だったのに対し、到着は13:27分。

素直にああ、間に合ったんだと思った。

それから、ボーリングをしたり、ガストで夕食を食べたりしたけれど、それはまた別の話。

地図を説明して、あそこまで笑われたのは初めてかもしれない。
鎖骨の下辺りが笑いすぎて、痛くなった事が余談として言える。かもしれない。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<眠れない夜の歌 | HOME | タイトルなし>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。