徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

訛りと方言

朝の一限の英語の会話の授業で、関西の方面からきたらしい文学部の一回生の女性と少し話をしました。

英語がまったくといっていいほど話せなくなっているのが少し悲しい。

方言はどことなくいいと思う。

懐かしいとまではいかないけれど、何か、大切だったような感情を思い起してくれるから。


エンジェリックレイヤーの鈴原みさきさんの声優の方のイントネーションとすごく似ていて驚いたのはまた別の話。
スポンサーサイト
日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<交通のアクシデント | HOME | しごく冷静な情熱>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。