徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

年齢の定義

最近、思うのは、年齢というのは気付いた時にとるものなのだなぁという実感です。

ふとしたときに、思うという閃く、自分の位置。

それは、時間の中の位置であったり、空間の中の位置であったりもしますが、とにかく自分を俯瞰しているという感覚が突如わたしの中では現れてきたりします。

それは、自分の現在の位置を見ると同時に、過去の位置も見ている。

その差の分だけ、重ねてきた年月の厚みをそのときが一番実感します。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オーディンと東方の三賢者 | HOME | 10年目の真実>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。