徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

蒸気機関の発展

寝癖には蒸しタオルがいいそうです。

今日、20分くらい格闘して、結局、敵わなかった寝癖に対処する方法をバイト先の先輩に教えてもらいました。

まだ、試す機会はありません。

でも、要するにスチームだから効きそうです。

海外に行くと、服をバスルームの端っこの方につるして、皺を取るのと多分、同じ原理です。

そういえば、蒸気機関車が日本で始めて走ったのは東京―横浜区間でした。

発明はイギリス、ストックトンとダーリントンで商業的に実用化、その後客を乗せるようになったと。

同時に、産業革命以後の近世のロンドンの空は排煙と煤で昼でも暗かったそうです。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<倹約とパスタ | HOME | 戦災は記憶のかなたに>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。