徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夢語り

二重人格の青年の夢を見ました。

ある場所から、電話が掛かってくると怪盗の人格に変異してしまう青年でした。

登場人物は師匠が一人、弟子が一人、ライバルが一人、平民の少女が一人、寡黙なバーテンダーが一人。

最初は、帝国ホテルに侵入するところから始まりました。
スポンサーサイト

夢の庭 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<限りなく蒼い蒼い空 | HOME | at バックグラウンド>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。