徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夏生みの檸檬

最近、とても眠いのです。

休みの日は10時間は軽く寝てしまえるようになりました。

眠りの中でしか、夢の中でしか会えないものに会うと、かなりやるせない気持ちになります。

それとは逆に、何回もおなじような夢を見て、世界観が出来上がってしまった夢もありました。

最近できた世界はよく分かりません。

ものすごく広い、ビルなんです。で、内部に異常なほどの数のエレベーターが設置されています。しかも、すべて一人乗り。学園のようなのですが、生徒たちはみな異能力者か、魔物が変化したようなのみたいです。

視点は、20代中盤の男性ですね。

人の大きさくらいの機械がアシモフのロボット三原則を無視して、攻撃してくるので逃亡するというような話でした。

二回か三回この夢を見ています。

男性じゃない視点の時は入学式に遅れたようです。一・二階はエントランスと吹き抜けのホールみたいになっていました。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<泥土の胎 | HOME | 唐紅の島>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。