徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

異文化の群像

グローバリゼーションが、世界の価値の均一化、アメリカ化という意味で一部捉えられ、それに対する風潮としてローカルな部分に目を向けるという動きが学問の世界のいろいろな分野で存在していますね。

EUの憲法の批准に関する問題なんかは、EU市民としての意識、それと現在その構成国に属している人々の国への誇りみたいなものも垣間見えます。

異文化コミュニケーションなんかも関係があります。世界には一つの時間軸を持った文化と、いくつもの時間軸を内包している文化と二つの種類があります。

当然の帰結として、前者は時計を作り出し、産業時代に時間の頚木を首に掛けた西洋や、それから独立したアメリカ、またそれらの国に追いつけ追いこせを志向した日本などが挙げられます。

対して、後者は東南アジアや南欧で見られる文化です。
インドネシアのゴムの時間や、スペインのシェスタもこれとの関係性から見ると面白いかもしれません。

いろいろな学問分野で、世界規模の視点と共に、地域・市民などのローカルな視点も研究されてきているのです。其れと共に、特にローカルな視点で市民社会の役割に注目があつまっています。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<完璧なアイディア | HOME | ペピーノはナス科のナス属>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。