徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

家紋と花紋

花の美しさを愛で、自家も花のように美しくありたいという貴族の願いから生まれたようです。これに対して、植物紋を使う家は植物の呪力を取り入れようと考えたようです。

最もよく知られた花紋は皇室の一六弁八重表菊紋や、植物紋では三つ葉葵ですね。

内は橘でした。

家紋は正月やお葬式やお墓参りくらいしか見る機会があまりないですが、7種類約2万もの家紋があるそうです。

たまにはこういうものを知るのもいいかと思います。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ファイレクシアの塔製作 | HOME | 明治時代の影と華>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。