徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ネット上の文章

ネット上で、例えば、新規に相手と取引をしたいと考える場合を想定してみてください。

LINKの申請などが典型例かもしれません。その場合、いきなり相手にぶしつけにLINKをさせてくれといっても大概の方とはLINKの締結は難しいと思います。又、将来的にもそのサイトの管理人様との関係に支障が出るでしょう。

その場合、どうすればいいのでしょうか。新規に見つけた相手と早急にLINKを結びたい場合などは。

長期的な観点からだと、そのサイトの日記や掲示板に何度か書き込みをして親密になってから申請すると確立は飛躍的に上昇するでしょう。

それに比べて、早急にそういうことをやるのは礼を失した場合か余程切羽詰っている場合なのだと思います。

私はそういう時、こちらがちょっとした馬鹿さを装えば、少しはスムーズに行くのだと思います。馬鹿さといいましたが、要するにひた向きに何かを為そうとする情熱みたいなものが相手に伝われば、成功する可能性は上がるのではないでしょうか。

ネット上の文面でも当たり前ですが、相手に届いて以後は書き換えることは出来ません。その中で、いかにして相手の心を動かすのか、真摯に伝えるのか、其れが重要なのだと思います。

スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヒアリングと世界遺産 | HOME | パスタの国の人>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。