徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いただきます 感謝の言葉

「いただきます」という言葉には大別して二つの意味があるそうです。

一つは、食事を要してくれた母、作ってくれた農家の人達への感謝

そして、二つ目が、あなた(食材)の命を、私の命とさせていただきますという感謝。

最近、いただきますという言葉を余り使わなくなってきているようです。

いただきますという言葉は、日々の恵みへの感謝と共に人は一人では生きていけないということを表した共同体としての側面もある言葉ですね。

それだけに現代人にとっては、痛いところをつかれる言葉かもしれません。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<パスタの国の人 | HOME | 睡眠の質>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。