徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

天元突破グレンラガン

12月9日6:36分読了

この感動を誰かに伝えたい。

それだけしか、言葉を持たない

けれど、そこには少年と青年と壮年と老年と人々の夢が沢山、詰まっていた。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<昼餉の夢 | HOME | 魔法の世界の端っこで>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。