徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

時代を越えて

今日は所要で午前中に区営の図書館に行きました。

ティーンズのコーナーにCLAMPさんの初期の1991年の作品を発見。絵柄は現在とは大分違いますが、内容に光るものがあるのは今も昔も変わりませんでした。

時代を感じます。

私の年代、というより学年は1988から1989年の初めの生まれの年なので、ピンと来る方もいらっしゃるとは思いますが、昭和63,64平成元年と三通りの人間がいるのです。

デビューの年も1989だそうで、十年以上にわたっているという歴史が、勿論他の10年以上のベテランな作家さんや漫画さん含めて、単純に賞賛の気持ちがあります。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<分析の対象 | HOME | ライフスタイルの変化と冬の空>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。