徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

元素同窓会

いろいろです、これが小説の基になる場合が往々にしてあります。

山の中。

時計を失った。    

幾つ私の過去の記憶を消す?

証を抉り取る?

そして、少しの怠慢で何故かくも私は失うのか、一体神という存在があるのなら御身は何を見たいのだ?

過去という確固たるが保存されてることを、世界に記憶されている事を切に願う。

そうでなければ、一体、人はー何を以て報われるというのだろうか?
スポンサーサイト

詩的な何か | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<絹糸の空 | HOME | 霧雨の朝>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。