徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

霧に包まれた白の少女

TOEFLの帰りに、ヨドバシカメラによって一眼レフカメラを物色しつつ、best版の「ICO」を購入。

ICO、「ワンダと巨像」前作ですが、2001年に作られたとは思えないほど、一種独特の美麗さを誇っています。

壮麗さと言ったほうがいいかもしれません。

登場人物は主人公の少年イコと少女、魔王のような存在と影の魔物だけです。

舞台設定が、日本の昔話的などこかであって、どこでも無い場所風ですね。光の加減など、今なお、色褪せない一つの作品としてひっそりと存在していけるものだと思います。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<不朽の条件 | HOME | 弓馬の道>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。