徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

白鷺の道

今日の午前中は大学の授業でフェンシングでした。

フェンシングには三種類あって、その中でサーブルという種目をやっています。

剣の軌道が見えていて、頭では分かっていても、体が反応しないんですね、遅々としてしか。

フェンシングの白いというか銀色というかな色のユニフォームにはプロだと防弾素材のケプラーなどが織り込まれているようです、剣は細い鉄の棒のような風情なのですが折れたときはかなり危険なものになります。

私は初めて数週間で剣を撃ち合せている時に一本折りました。
手に持っていた感覚がふっと、軽くなります。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<霧雨の朝 | HOME | 束の間の世俗詩>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。