徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

時代の記憶は蒼い空の果てに

生きてきた中で選択されなかった未来は数多く、また失われた過去もまた多い。

未来か過去、どちらかに行けるとしたら過去に行きたいですね。

甘く温かい記憶の過去へ。

当時はなんてことはない時間を過ごしていたのかもしれませんが、今思えばそのなんて事のなさがとても羨ましい。

冬は感傷的な気分になりやすいです。いろいろと。

失ったものを少しだけ思い出せる季節だからでしょうか。
スポンサーサイト

日常 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<灰色の魔術師と廃教師 | HOME | 古き人>>

この記事のコメント

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/?mode=edit&

2007-11-09 Fri 12:38 | URL | みんな の プロフィール
#-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。