徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夢の風味

10月も終わりです。

今日は昼寝中に懐かしい夢を見ました。ある程度、夢を覚えている方なのですが今日は2か3くらいは見たように思います。

それで、覚めた後、ああ高校が懐かしいなって思ったという事はもっと見ていたようですが。

高校の図書館、(二階、しかも記憶よりもかなり豪華)にいるのですが、帰ろうとする段になって、史書さんにカードを書きましょうといわれ記述、帰り際に先生に会って挨拶。

それで、階下に降りて玄関ロビーに向かおうとするときに5人ほどの知り合いが(最近のFFのCG風味で)登場、その内の水色の長髪の一人が二挺の銃身の長い凝った拳銃を発砲、そうすると警備員らしき人間が倒れていて、さらに無限に彼らが沸いて出るという感じに。(イベント戦闘風)

それで、逃げて、洞窟まで来ると先ほどの一人が目当てのものの解呪をしようと言って、なにやら古い文字が書いてある石碑に剣を突き刺すと、蔦が伸びてきて夢の中の視点のキャラに撒きつき、いつのまにやら石化していました。

そして、視点キャラが気づくとそこは過去、少女に呼び起こされて意識を回復します。(何故か頭の中でFF12からFF7の世界へという声が流れました。)

で終了でした。


もう一つ、高校一年生時代のオーラルの外国人講師に対して、友人と三人で本音はこうだとして、台詞を付けていた夢も見ました。

講師「なんだ、こいつ?」
先生「それで、この部分は」
講師「それは、そうじゃないって、何故分からないんだ。俺、さっき言っただろーよ」

何故か熱血?


それで、知り合いの先生が出てくるのがもう一つ。

電車に乗っていると、見知らぬ駅についてもう、夜なんですが。

何故か待合室が駅舎の外の桟橋で、その先端まで行くとI先生という男性の方がいて、新人の女性の先生に何か心構えのようなものをいっている場面でさっと去ろうとしたんですが、がっと服の袖をつかまれて「久しぶり」とか言われました。

それをさっと逃げ出して、人がいて細い道を綱渡りみたいな感じで走ったら周りの酔っ払っている人から喝采を受けて、で最後に大ジャンプして駅舎の入り口まで行くと、I先生が追いついてきて、少し話して終わりといった感じでした。
スポンサーサイト

夢の庭 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<記憶の彼方へ | HOME | ローマ皇帝の玉座>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。