徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

武道の心得

フェンシング、身体の節々が痛いです。

私は暴力的な遺伝子というか、戦闘する者としての何かが無いようです。

武術の基本はステップ、足捌きなのですが、これはまあまあとして、剣を打ち込んだり、バリーしたりした後、身体が止まるのです。

頭では、反撃をしなければと思っていたりはするのですが、身体が、腕が反応しません。

ステップも緩急をつけて間合いを外すような事は無理です。

というか、実際、剣を弾くのは凄いと思います。

剣は動き出すと速くて軌道が打たれた後に認識できる感じですね。

柄と、腕の動きで何とか見切ってバリーしようとはするのですが、左の後、右にきたりすると身体がついていけなくて終わります。

筋肉痛と腱鞘炎になりそうです。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<蒼穹の空白 | HOME | アンダルシアの夏空に>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

この本を読んで遠い昔の魂を思い出した気分です。えてして不勉強な作家が混同する示現流と薬丸自顕流を併記して公平に記述してある。薩摩拵についての記事も良かった。古き良き武の心に触れることのできる一冊です。写真がたくさん有りわかり易く説明してあったと思います... …
2008-01-09 Wed 19:51 武術がいっぱい
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。