徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

図書室の空

恩田陸さんの作品タイトルを意識して。

今日は午後から図書館に行ってちょこちょこと勉強していました。

ついでに読書。

ドイツのマイスター制度について。

最近、何かをしたいのに何も出来ていないという焦燥感に駆られているような気がします。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<数量的・質的な存在の方向性 | HOME | 秋風の優雅>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。