徒然な風の場所―「夢見石の庭」 

徒然と日常なり、夢の出来事なり、TVの感想なりと日常の中の不思議をつづっていくブログです。よろしくお願いします。季節凪がささやかにどこかで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

書物の船

今日はまたいろいろと書籍を買い込みました。

書物だけで一日に2万円くらい遣った計算です。

主なものは以下「さまよえる魂の歌」ラフカディオ=ハーン 池田編著。「送り火」重松 清 「星々の船」村山 由佳 「若きサムライのために」三島 由紀夫 などなど。

お財布事情が一気に厳しくなりました。
スポンサーサイト

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<秋風の優雅 | HOME | 月は登りて、輝きぬ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。